ブリジストン s22。 オールマイティに使える最新型ハイグリップタイヤ!【BRIDGESTONE BATTLAX HYPERSPORT S22】

ブリヂストン「S22」インプレ中間報告 3/3 追記

S22 ブリジストン

グリップレベルがとっても高い良くできたスポ-ツツ-リングタイヤ的な・・・私はそんな印象です。 ドライグリップでの安心感は抜群で、気負うことなくフルバンクまで持ち込める。

【タイヤレビュー】2輪車用スポーツタイヤの新定義となるか。ブリヂストン「BATTLAX HYPERSPORT S22」 ツーリング向けでもレース向けでもない、スポーツ走行をより“安全”にこなすタイヤ

S22 ブリジストン

この様にバイクに乗る事を楽しむ中で定期的にカスタムチャンスが訪れるのがタイヤの特徴であり、良いところでもあります。 以上の理由により、大きな印象変化を感じた場合は追加インプレするカモです。 耐久レースで磨かれた開発技術を投入 さらにFIM世界耐久選手権(EWC)のタイヤ開発で培われたブリヂストン独自の開発技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」を活用して、接地面におけるタイヤの動きを細かく把握することで、S21対比で接地後方の滑り域を減少。

10

スーさん日記No.70「ブリヂストンS22履いてみた!」

S22 ブリジストン

シリカ自体は白い粉で砂のようなものだが、親水性があり、微粒径にして表面積を広げることで凝着力を高めているとのこと。 --- ツアラー ---• 他のタイヤでは同じコーナーで約3~4センチ端っこが余る印象。

19

オールマイティに使える最新型ハイグリップタイヤ!【BRIDGESTONE BATTLAX HYPERSPORT S22】

S22 ブリジストン

「S22はドライグリップ、軽快性、トラクション、ウェット性能などすべての性能において、S21を上回るパフォーマンスを備えたタイヤ」と開発者が豪語するだけのことはある。

1

ブリヂストン「S22」がモトラッド誌で最高評価を獲得! 公道最強の称号を得たスポーツラジアルの進化に迫る

S22 ブリジストン

6 2005-• 乗り心地はどこか固くて、シャコタンにしたスポーツカー的。 2輪初の微粒径シリカが路面に吸い付く 今回、ゴムにも新設計コンパウンドが採用されている。 基本的に「純血ど真ん中ハイグリップタイヤ的性格」で、形はパワーRSより三角に尖っている感じで、ケース剛性はロッソコルサ2よりかなり柔らかくパワーRSに近い。

間もなく発売のブリヂストン新型タイヤ「S22」に注がれた新技術が凄かった!|Motor

S22 ブリジストン

「ライバルは自分自身。