袖 ひ ち て むすび し 水 の こ ほれる を 春 立 つけ ふ の 風 や と くらむ。 古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

駆け出し百人一首(39)袖ひちて掬びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらむ(紀貫之)|吉田裕子(国語講師)|note

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

同じことなら。 如 3圖畫好女徒動 2人情 1。 「玉」は美称。

96ページ目の[ 常用漢字 ]

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

こまやかな情が籠っており、挨拶の歌にもこの作者らしい特色が十分出ている。 夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寝ねにけらしも 作者:舒明天皇(万葉集) 意味:夕方になるといつも小倉山でなく鹿は今夜は泣かない。 飛鳥川の昨日の淵が今日は瀬となるように。

2

春たちける日よめる 紀貫之: 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

文琳 (*文屋康秀)巧詠 レ物然其體近 レ俗、如 3賈人之著 2鮮衣 1。

古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば 作者:山上憶良(万葉集) 意味:世の中をつらく身も細るようだと思うが、飛び去ることもできない。

16

96ページ目の[ 常用漢字 ]

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

「うすく」を導く。 【補記】棹など抱えて「鳥打たむ」と家を飛び出してゆく男の姿が想像されて可笑しいが、「わがやどの花」は外ならぬ竜胆を指し、彩りの少なくなる季節に咲くこの花への激しい愛着が詠まれている。

8

古今和歌集(校註國歌大系) 1/4 _Taiju's Notebook

や と ひ 袖 ふ ち 立 春 くらむ を の むすび こ の て 風 つけ し 水 ほれる

カンツバキ 秋に咲くサザンカに近い種で,正月を中心に冬に咲きます。 【他出】友則集、新撰和歌、古今和歌六帖、和漢朗詠集、三十六人撰、定家八代抄、題林愚抄 【主な派生歌】 いづれをかわきてとはまし山里の垣根つづきに咲ける卯の花 [金葉] 白雲のたなびく山のやま桜いづれを花と行きて折らまし [新古今] 春の夜は吹きまふ風の移り香を木ごとに梅と思ひけるかな [千載] 梅が枝のにほひうれしき直路かな木ごとに花の雪のあけぼの 野も山もおなじ雪とはまがへども春は木ごとに匂ふ梅が枝 冬ごもる雪も木ごとに吹く風の匂ふや梅のたち枝なるらむ ふる雪にいづれを花とわきもこが折る袖にほふ春の梅が枝 [続後撰] 花といふはなの木ごとにうつしてもあまりやあらむ梅の匂ひは 三条西実隆 こころおそき花の木ごとに梅が香の春をつたふる苑の朝風 離別 道に逢へりける人の車に物を言ひつきて、別れける所にてよめる 下の帯の道はかたがた別るとも行きめぐりても逢はむとぞ思ふ (古今405) 【通釈】下着の帯紐がそれぞれの方向に別れても一巡りしてまた出逢うように、あなたと今別の道を行ってもいつかきっとお逢いしようと思います。

14