車輪 の 下。 『車輪の下 (新潮文庫)』(ヘルマン・ヘッセ)の感想(664レビュー)

【書評】あの子を、学校に行かせつづけた手ぬかり――ヘッセ『車輪の下』

の 下 車輪

希望がない。 其の脆さゆえに切なく美しいシーンです。

『車輪の下』をネタバレ解説!暗いけど深いテーマを感じる名作を考察

の 下 車輪

故郷に戻ってからも、ハンスを優しく迎え入れてくれる者はいなかった。 弊社標準材質であるFCD600の輪圧係数は60です。

【書評】あの子を、学校に行かせつづけた手ぬかり――ヘッセ『車輪の下』

の 下 車輪

疲労を感じるほどの気持ちの高ぶりを覚えたハンスは、家に帰って明け方を迎え、むせび泣きました。 だからヘッセは怒っています。 ハンスにも責任はある。

『車輪の下 (新潮文庫)』(ヘルマン・ヘッセ)の感想(664レビュー)

の 下 車輪

また、 ハイルナーのように学校を飛び出して反抗することもあれば、 ハンスのように学校を中退した挫折感に苦しめられることもありました。 人間は一人一人なんと違うことだろう、 そして育つ環境や境遇もなんとさまざまなことだろう! 政府は自らが保護する学生たちのそうした違いを公平かつ徹底的に、 一種の精神的なユニフォームやお仕着せによって平均化してしまうのである。

19

ヘルマン ヘッセ『車輪の下』登場人物と相関図 / #日々読書備忘録 #本買う莫迦

の 下 車輪

ハンスはヘラスと呼ばれる部屋に配属され、同部屋のヘルマン・ハイルナー、オットー・ハルトナー、カール・ハーメル、エーミール・ルチウスらを知ります。 (それと、これは自信がないのでカッコに入れて書きますが、高橋訳の 「落第」 という訳語はどうでしょうか? 私の語感だと、「落第」 とは原級留め置き、つまり 「留年」 と同じ意味で、入試に受からない場合は実吉訳や岩淵訳のように 「落ちる」 と言うのが普通だと思うのですが、ただ、国語辞典を引くと必ずしも私の語感を肯定してくれないのです。

5

車輪

の 下 車輪

あえて挙げるなら、私の場合は、ハンスとハイルナーのモデルが同一であることを訳者あとがきで知ったことで、少しは救割れる気がしました。 試験後の休暇にも勉強を勧めるなど、厳格な性格です。 特に matt を 「けだるく」 としたのは名訳だと思います。

15

ヘルマン ヘッセ『車輪の下』登場人物と相関図 / #日々読書備忘録 #本買う莫迦

の 下 車輪

受験生活、失われる感性 物語はハンスのの紹介(母親は既に死亡)を冒頭に、次いで入試を目前に控えたハンスの様子が描かれるところから始まります。